クリエイターは同じものを作り続ける勇気を…!




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

色々本を読み漁ったり、他の人はどうしてるのかをずっと研究していました。

その中でも、

  • 僕らが新作品を楽しみにしているクリエイターはどんな人なのか

について、一つの考えが浮かんだのが書き連ねます。

 


同じものを作り続けることに意味がある

 

「同じものを作ることを恐れない」

これに尽きるのでないかと。

 

  • 常に変化を求めていく
  • いろんな作風に挑戦する

というのは「できないことをできるようにする」という点では確かに良いですが、

出来ないことは出来ないままでもいいんじゃないかと同時に思いました。

自分じゃなくても出来る人はいるわけですし。

 

それよりも「どういうものを作る人なのか」を先に知ってもらう必要があると感じます。

 

例えば、

あ、この人のこの作品好きだな!」となった時に、過去の作品を掘ってみると思います。

そこで作品に統一したコンセプト、同じスタンスで作ったものゴロゴロ出てくると、

ちょっとフォローしてみようかな!」と思いませんか?

 

逆に、過去の作品が全体的にブレブレだと、

「ふーん」と無意識でスルーしがちではないですか?

 

特に、仕事や依頼に関しては顕著に現れると思っていて、

人に依頼する時にわざわざ「その人が出来ないことをお願いする」なんてことはないでしょう。

もしそういうお願いする人がいれば、よほど信頼しているか、単なるサディストです。

 

 

なので、

自分の中では「前と同じだなぁ…」と思っても、

それを作り続けることがクリエイターとして成長する近道なのではと感じます。

 


まとめ

 

1ヶ月間、色々模索してみてコンセプトを一つ見つけれたような気がします。

 

誰かの「まち」に寄り添う作品を

これこそ、「隣町本舗」の名前らしいもので且つ、色々な土地で色んな挑戦をしてきた僕が出来ることだと思うので、

そんな作品を皆さんにお届けできれば…!

 

レコード風のCD-Rがあるので、それを手書きの文字でアルバム名を書く

というのも面白いかなーと思ったり、

 

 

そんな話。

 

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

「まち」に寄り添う作品をコンセプトに色々続けてみたい人。

twitterなどで作成した曲を随時公開中。

noteではコラムやtwitterで公開した曲をアーカイブしています。
投げ銭して頂くと…嬉しすぎて泣きます…

>>アマゾンほしい物リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です