Apple musicのアーティスト画像を自由に変更や更新する方法




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

フリクルやTuneCore Japanなどで楽曲の配信は手軽にできますが、アーティストを検索した時に表示される「アーティスト画像」は変更や更新が出来ません。

ストリーミング配信の収益額が多いのはapple musicかもしれないし、「フリクル」で配信しよう

2018年4月15日

 

特にapple musicはかなりポピュラーなストリーミング配信ツールなので、アーティスト画像の更新ができればやりたい所。

実はapple musicのアーティストページのアクセス認証をすれば、「アーティストイメージの変更」が出来るようになるので、その方法を下記に書いてみます。


アーティストページへのアクセス認証方法

 

https://artists.apple.com にアクセスし、

  • 「今すぐ始める」をクリック
  • 自分のアーティスト名を検索し、「アクセスをリクエストする」

で審査の申し込みを行ってください。

また、iPhoneなどのMac製品を使用している人は問題ないと思いますが、AppleIDが必要になりますので注意です。

 

審査が通ると、

  • アナリティクスデータを表示
  • Apple Music for Artistsで自アーティストページへのユーザのアクセス権を管理
  • アーティストイメージを編集

ができるようになります。

 

僕は約1週間で審査が通りましたので、同じくらいの期間を見ておくと良いかもしれません。

 

また肝心のアーティスト画像の変更に関しては「管理」から行うことができるようになり、

画像は2400 x 2400ピクセルのJPGまたはPNGファイルをアップロードする必要があります。

 

表示範囲に関しては下記のようなphotoshopのテンプレートが用意されています。

詳しい画像の詳細に関してはアーティストイメージのガイドラインから確認してみてください。

 

他に認証されることで出来る事は、

  • apple musicで配信されている楽曲の再生数、購入数
  • 日別のアナリティクス

など、自分の楽曲の反応を見ることができます。

 

どういうアプローチをすれば自分の楽曲の反応があるのか、上手く活用してみると良いかもしれません。

twiter公式のMedia Studioで「予約投稿」や「外部リンク」で宣伝を【twiter活用術】

2019年4月23日

まとめ

 

Apple Music for artistの審査をしておくと、apple musicはもちろん、iTunesのアーティスト画像も自由に変更でき、なおかつその分析もできるようになります。

 

もし、自分で申請するのが不安、AppleIDを持ってない場合は、

LANDERなどのサービスも利用してみると良いかもしれませんね。

 

 

 

そんな話。

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作。

360°から聴こえるバイノーラル録音を使用した楽曲を制作。アンビエントやチルアウトが得意。

最近はOculus Rift SでVRにハマってます。

ご依頼や気になる事があれば、お気軽にご連絡ください!

AudiostockでBGM・効果音を販売中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です