「logic Pro X」に必要なスペックは?MacBookでDTMはできないの?




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

 

突然の発表でしたが、2018年7月13日(月)にAppleから新しく

MacBook Pro 2018モデルがリリースされました!

 

  • メモリが最大32GB(15インチのみ)
  • ストレージは最大SSD 4TB
  • CPUは6コアIntel Core i9プ‍ロ‍セッサ

という、その辺のwindowsデスクトップPCより遥かにハイスペックな端末になります。

巷では、

フルスペックでも70万だから、iMacProフルスペックの半額以下なので実質無料

なんて言われてるそうですが、、、

 

さらに、2018年10月31日には待望の

Mac miniが発売されました!

  • 6コアのIntel Core i5
  • メモリは最大64GB
  • ストレージは最大2TB SSD

こちらもなかなかのスペックです。

 


ノートPC1台の「ミニマリストDTMer」ってカッコよくない?

 

響きだけで話をするとこの題材を取り上げる意味がないのですが、

僕はMacBook Airを使用してLogic pro Xを起動しています。

スペックはこんな感じです。

【MacBook Air】

  • CPU → 1.6Ghz デュアルコア (Intel i5)
  • メモリ → 8GB
  • ストレージ → SSD256GB

「音楽製作」は全てLogicの必要ストレージです

 

もので言うとこれと同じほぼですね。

少し前のものなので、スペックは良いものではありませんが、、、

 

そして、

肝心のMacBook AirでDTMができるかどうかですが、

ほぼ問題なくDTMできてます!

 

 


MacBook AirでLogicを動かす時に気になること

 

動くのであれば、

一番気になっているであろう「不満があるかどうか」ですが、

あるっちゃある

が正直なところです。

 

気になる点は、

  • 生ギターのトラックを6つ以上重ねると突然処理落ちする

→ただし、アルケミー(ソフトシンセ)の場合は30トラックでも処理落ちはしません。
オーディオIFの相性もあるかもしれませんが、、、

  • キーボードが邪魔

の2点です。

 

特に「キーボードが邪魔」は僕の作業ストレスの一つで、

このトラックパッドのスペースをもぎ取りたいです。

このスペースもぎ取りたい

もぎ取りたい!!!!

 

もしかしたら、

マウスを買うだけで解決する可能性も無きにしも非ずですが、、、

 

ただ、これは作業ストレス的な話なので、

無理に多い生ギターを収録しなければ問題なく動いていると思います。

前述の通り、

アルケミートラックを30個まで増やしてもLogicが落ちることはないです。

 


もし新規でDTM用のPCを用意するなら?

 

新規で購入を考えているのであれば、

27インチのiMacがお勧めです。

 

これは僕がMacBook Airで作業しているからこそ感じている内容で、iMacであれば僕が抱える不満を全て解決ができると考えているからです。

また、僕自身も27インチを購入して不満点等も解決しています。

【logic比較】MacBookAirより本当にiMacの方が処理が早いのか? [ 書き出し編 ]

2018年8月5日

 

また、なぜ27インチなのかという理由は、

apple販売店でLogicを使ってる方に聴きましたが、

後付けでメモリを増設できるPCが27インチのiMacしかない」からです。

初めは8GBで購入して、足りなければ16GB32GB…と最大64GBまで増設可能です。

しかし、

後から増設ができるのは「メモリのみ」なので、2TB Fusion Drive(128GBのSSBとHDDのハイブリットストレージ)にしておくと良いかもしれません。

 

また、その上の端末であればiMac Proになるので、

iMacが2台買える金額になってしまいます。

黒い筐体はめちゃめちゃにカッコいいですが、、、

 

(追記)

また、新モデルのMac miniもメモリの増設が可能です。

モニターは持っている人自分で好きな大きさの画面が欲しい人はMac miniでもいいかもしれません。

 

ただし、

すでにMacBookを持っている方は、

無理してデスクトップPCを購入しなくてもLogicは問題なく動きます。

もう少し正確にいうと、

無理な使い方をしなければ問題なく起動できます

 

少なくとも僕のPCと同じスペックであればですが!

 

でも、持ち運び必須でDTMもしたいなら、

MacBook Proの方僕のMacBook Airよりもスペックがあるので間違いなく良いと思います。

 

ちなみに、

Logic Pro Xを使用しているアーティストを調べてみましたが。
  • 星野源
  • 宇多田ヒカル

などなどで、お二人ともMacBook Proで作曲をしているようです。

 


まとめ

 

<ポイント>

  • メモリは最低8GB以上
  • CPUはコア数が多ければ複数トラックを同時に流せる
  • ストレージは1TB以上あれば望ましい

→しかし、外付けHDDを使用するなら256GBでも問題はない

 

 

DTMを始める上で「MacOSが良い」となれば選択肢は必然的にLogic Proになるでしょう。

[GarageBand]ユーザーが[Logic Pro X]に乗り換えるべき5つの理由

2018年2月4日

 

しかし、ノートPC1台で曲を作るミニマリストDTMerという肩書きもカッコ良いですし、

どんな場所でも安定した環境を持ち出せるというのは、音楽がより身近になっているDTMの転機かもしれません。

【ミニマリストDTMerの必需品】3万円以内のモニターヘッドフォン 3選

2018年11月4日

 

結局は自分がどうなりたいかで選択肢は少しづつ変わっていくのかなと、

 

 

ここだけの話、2回の引っ越しで100万近く飛んでるのでさすがに考えるよね。

結果として買ったんですが…

 

そんな話。

 

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作。

360°から聴こえるバイノーラル録音を使用した楽曲、アンビエントやポストロック、企業向けBGMを作成。

noteではコラムを書いたり、twitterでは公開した曲や日常をアーカイブしています。

ご依頼はお気軽にどうぞ!

AudiostockでBGM・効果音を販売中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です