【センドリターンを使いこなす】適当にかけてない?プラグインエフェクトのかけ方【MIXのコツ】




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

GarageBandやLogic Proに初期値でインストールされているプラグインエフェクト。

たとえば、EQやコンプレッサー、マキシマイザー、などなど数えるとキリがありません。

 

また、他のメーカーのプラグインなんかも世の中には転がっています。

 

このプラグインエフェクト、

何気なくかけているのであればその仕組みを知っておくと今後の音楽作成で楽に良い音を追求できるかもしれません。

 


プラグインエフェクトは上から順番にかかる

 

DAWのプラグインエフェクトのかけ方は、

さながらギタリストのエフェクターボードの組み方に似ています。

 

大前提として、元音に対し、上から順番にエフェクトがかかっていきます。

 

この順番はそこまで厳密に守る必要はありませんが、

最低限守るべきは、

  • EQやコンプ系
  • ディレイやリバーブなどの空間系
  • 歪み

の順番で設定すると良いです。

 

 

  • コンプをかけた音にディレイを当てる
  • ディレイの音にコンプをかける

ではまったく違った音になってしまいます。

 


「センドリターン」を使いこなす

 

例えば、

  • バスドラム
  • スネア
  • ハット

がそれぞれ別のトラックで管理している、

つまりはパラデータでミックスしているときに全部に同じ設定のコンプをかける事を考えると億劫になってしまいます。

 

そんな時「センドリターン」をうまく使用してあたかも1つのトラックかのように扱うことができます。

 

logicであれば「ミキサーボタン」でミクサー画面を表示させておきます。

 

今回は「オーディオ1」と「オーディオ2」をSendsBus1に送ります。

そして、AUX1のトラックも同じくBus1にしてあげます。

コレで2つのトラックが「AUX1のトラック」を通るようになります。

 

また、

センドリターンをリバーブディレイなどで使用する場合は、

基本的にはエフェクトのかかった音だけをマスターに送ってあげたいので「wet」だけにしておくとよいでしょう。

 

 


まとめ

 

今まで意識せずにプラグインエフェクトをかけていたのであれば、少し意識してみるのも良いかもしれません。

もちろんコレが正解!というものは明確にはありませんので、自分が一番納得のいく音をひたすらに模索していきましょう。

 

そして、
また行き詰った時は何かしらの転換期なので、本を読むなどわからない所を重点的に調べるのが吉です。

 

先ずは恐れずに作品を作ってみましょう。

 

そんな話。

 

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

「まち」に寄り添う作品をコンセプトに色々続けてみたい人。

twitterなどで作成した曲を随時公開中。

noteではコラムやtwitterで公開した曲をアーカイブしています。
投げ銭して頂くと…嬉しすぎて泣きます…

>>アマゾンほしい物リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です