27インチのiMac 5Kを縦置きのデュアルディスプレイにした【19.5インチ サブモニター】




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

27インチの5K iMacをデュアルディスプレイにしました。

 

 

27インチのiMacに対して、19.5インチのモニターを中古で購入しました。

27インチと19.5インチの高さがほぼ同じで見た目的にもすごいスッキリまとまりました。

 

 

買ったのは少し古い Dell P2016ですが、display-portがあったので、
display-port – Thunderbolt3の変換アダプタを別途購入しました。


デュアルディスプレイの設定

 

「システム環境設定」 – 「ディスプレイ」からデュアルディスプレイの設定ができます。

 

「配置」の部分からは、メインモニターサブモニターの配置が設定できます。

サブモニターをにする場合は、サブモニター側に表示される設定画面の「回転」から設定できます。

 


良いところしかない

 

  • Twitterを見ながらDTM
  • 歌詞を見ながら歌録り
  • リファレンスを見ながらマスタリング
  • 資料を見ながらIllustratorでデザイン

 

2画面がフルで使えるようになるので、今まで画面半分で分けて行なっていた作業がフル画面で出来るようになるだけでも作業ストレスが軽減しました。

特に資料や解説ブログなどを見ながらフル画面で作業ができるのは快適です。

 

Twitterを見ながらDTMは「スマホでもいいんじゃないか」と思いますが、スマホを触らないという点ではかなり良い印象です。

 

個人的な懸念点としては、サブモニターが4KでなかったのでiMac 5Kとの解像度の差が心配でしたが、

Macbook Airと同じ解像度(WXGA+ 1440 x 900)だったので特に違和感なく安心しました。

 

特に映像の編集や細かいデザインなどを要求しなければサブモニターの解像度はこだわらなくてもいいかもしれません。


まとめ

 

ずっと導入したいと思っていたので念願のデュアルディスプレイです。

 

次はVR専用機を立ち上げようとしているのですが、これ以上モニターは増やしたくないですね…

何とかノートPCでVRができるようにしたいです。

 

外付けGPUで実現できるかもしれない…

 

 

そんな話。

 

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作。
最近は活動の場をVR空間にシフトし、積極的にVRライブをしている。
寂しくも爽やかな楽曲をよく作る。
サーバーとかDBとかちょっと触って遊ぶエンジニアでもある。

AudiostockでBGM・効果音を販売中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です