「eGPU」ノートパソコンを 外付けGPUでVRができるか調べてみた




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

VRがしたい!

と推奨スペックを公式wikiで動作するスペックを確認してみました。

VRchatの推奨スペック ~公式Wikiより~

【デスクトップモード】

OS: Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10
CPU: Intel Core i3 6100, AMD Ryzen 3 1200/FX4350 以上
GPU: NVIDIA GeForce GTX560Ti, AMD Radeon RX 460 以上
RAM: 4GB 以上

【Oculus Rift 最低動作スペック 】

OS: Windows 8.1以降
CPU: Intel Core i3 6100, AMD Ryzen 3 1200/FX4350 以上
GPU: NVIDIA GTX 1050Ti/960, AMD Radeon RX 470/R9 290 以上
RAM: 8GB 以上
映像出力: HDMI 1.3 以降 x1
USBポート: USB 3.0 x1、USB 2.0 x2

 

これをみた僕はふと考えました。

もしかして、ノートパソコンでVRができるのでは?

 

VRを始めるにはデスクトップPCを新しく立てるのが一般的かもしれませんが、
全く使用していない実験用のノートPCが1台手元にあります。

せっかくならこれで色々試してみようかなと考えました。

 

Lenovo ThinkPad x230

  • OS : windows 10 pro
  • CPU : intel i-5 3320M 2.6GHz
  • RAM : 4GB
  • GPU : 内蔵のIntel® HD Graphics 4000

メモリと外付けGPUを何とかすればVRが動くのでは?と、考えたので実験してみることにしました。

 

CPUが正直心もとない(むしろスペック不足)ですが、先駆者がいたので色々調べてみました。


VRchatが動かなくてもせめてunityが動けばいいなと…

ダメなら本格的にPC立ち上げればいいだけですからね。


外付けGPU [eGPU]

 

ノートパソコンででかいGPUを積むのは現実的に難しいので、外付けでGPUを接続できる事を知りました。
そして、外付けGPUのことを「eGPU」と呼ぶらしいとのこと。

外付けのGPUに必要なものは、

  • GPU
  • 電源

のようです。

 

 

eGPUの「メリット」としては、

  • 小さいスペースで環境構築が可能
  • 持ち運びができる(eGPUを持ち歩ければ)
  • 必要な時だけGPUを使用できる

それに対し「デメリット」は

  • 必ず動くとは限らない
  • 接続方法が機器によって異なる

くらいでしょうか。

実際にまだ導入はしていないので何とも言えませんが…

 

そして、
thunderbolt3の端子があるノートPCがあれば簡単に導入ができる機器があるようで、

  • ケースだけでGPUは自分で用意するもの
    • GPUは自分で交換可能

 

  • ケースとGPUがセットになっているもの
    • GPUの交換ができない

があるようです。

 

僕の環境ではThunderbolt3接続でできないので、ExpressCardで接続できるこの辺りが使えるかもしれません。

 


まとめ

 

まだ動くかわからない以上、上の環境で構築するかは要検討です。

しかし、こういった内容がネット上に情報として少なかったので、僕が調べた内容を備忘録として描いてみた次第です。

 

eGPUを実際に構築する場合は、自己責任でお願いします


結局は大人しくデスクトップを立てるかもしれません…
やってみるだけでも楽しいですからね。

 

そんな話。

 

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作。

360°から聴こえるバイノーラル録音を使用した楽曲を制作。アンビエントやチルアウトが得意。

最近はOculus Rift SでVRにハマってます。

ご依頼や気になる事があれば、お気軽にご連絡ください!

AudiostockでBGM・効果音を販売中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です