【Googleの本気】chromeで「httpサイト」に強制警告表示!SEOにも大きな影響がある?




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

とうとうGoogleが本気を出すそうです。

今まではクレジットカードやメールアドレスを入力するフォームで「このページは保護されていません」の警告表示でしたが、

 

2018年7月からリリースされるGoogle Chromeの新バージョン「Chrome68」で

全httpページに強制警告表示がされるようになります。

 


なぜhttpsにしないといけないのか

 

いつかはやらなきゃなーと思っている人もいれば、

セキュリティ面やろ?僕は別にそんな情報無いし、まだしなくてもええわ」くらいの認識しかない人も思います。

 

常時SSL化をする大きな理由は3つで、

  1. chromeブラウザの普及率は日本でトップシェアの約40%以上で影響が大きい
  2. https://のページが優先的に検索上位になるとGoogleが宣言
  3. ユーザーの自ブログへの信頼を落としてしまう

です。

1.chromeブラウザの普及率は日本で約40%以上で影響が大きいに関しては、

「せいぜい40%か?」と思いますが、日本人のchromeブラウザ使用率としては圧倒的に多いです。

この日本人の4割強のchrome利用者のブラウザで「このサイトは保護されていません」表示は、どう考えてもよろしくありません。

 

また、最近は「cookieで個人情報が解る!怖い!」と変に騒がれている世の中なので、より神経質になってしまいます。

日本のブラウザ使用比率

 

さらに、全世界で見れば

chromeユーザーは50%を優に超えています。

圧倒的使用率ッ・・・・・!

 

 

2.https://のページが優先的に検索上位になるとGoogleが宣言に関しては、

「内容がいくら良記事だとしても[ http ]というだけで検索の上位に上がってこない」

という事実があります。

~Googleウェブマスター向け公式ブログ [HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります ]~

 

 

そして、3.ユーザーの自ブログへの信頼を落としてしまうに関しては、

検索エンジンがサイトを巡回してサイトの質を判断し、検索インデックスに反映をさせますが、

最終的にページを見るのは人です。

 

 


まとめ

 

もう「後でやろう」は通用しないフェーズにきてしまいました。

どんなにいい記事を書いてるブログでも「え?このブログ大丈夫、、、?」と思われてしまうのはかなりの損失になってしまうと思います。

僕がずっと読ませてもらっている人もたくさんいるので、すごいそわそわしてしまいます、、、

 

 

 

そんな話。

 

 

それでは!














tonarimachi-honpo

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

誰かの役に立てばと思いながら、
継続することを密かな目標にしています。

>>アマゾンほしい物リスト


お寿司を送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です