ガレージバンドで音源を書き出す バウンス?iTunesに共有?【ガレージバンド & Logic ProX 講座】




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

GarageBandやLogic Proで曲が完成した時に嬉しくても、
いつまでもDAWソフト上で音楽を流して聞いているだけじゃ、次に進めません。

  • 曲をどこかに発表したい!販売したい!
  • マスタリングのために1つの音源ファイルとして書き出したい

などなど、色んな用途があると思います。

今更聞けない「ミックスダウン」「マスタリング」の違いって?【ガレージバンド、logicpro 講座】

2018.11.18

 

GarageBandやLogic Proで作った音を書き出す方法は、

  • バウンス
  • iTunesへ送る

の2パターンがあります。

 

基本的にはどちらでも問題ありませんが、

  • 何かに使うために書き出す → バウンス
  • CDを作る、iTunesに自分の曲を入れたい → iTunesへ送る

くらいに考えていくといいかと思います。

 


バウンスでの書き出し方法

 

[ファイル] – [バウンス] – [プロジェクトまたは選択範囲]からファイルの出力設定画面に切り替わります。

出力できる形式は、

  • AIFF
  • MP3
  • ACC

などが一般的です。

 

用途としては、

「マスタリングなどのために書き出す(非圧縮データが欲しい)」 → AIFF,ACC

「どこかにアップロードする or なるべく軽いデータで」 → MP3

が良いと思います。

 

他にも、

  • オフライン(再生しながら出力しないの意味)で出力
  • オーディオテールを含む(残響が消えるまで)

などの設定がありますが、基本的にこの2つはチェックをつけておいて良いと思います。


iTunesへ送る方法

 

[ファイル] – [共有] – [曲をiTunesに…]から、出力設定画面を開きます。

あとは、「タイトル」「アーティスト」や「音質」を設定して書き出すだけです。

ちなみにiTunes上に出力される形式はAAC(非圧縮データ)になります。

 

また、音源をwavへ変換する場合は「iTunesへ送る」でiTunes上で変換する方法が一番楽でしょう。

iTunesの音源を [ wav ] や[ MP3 ] 形式に変換したい

2017.09.06

まとめ

 

「バウンス」「iTunseに送る」の操作方法を書きましたが、
僕は基本的にバウンスで音楽を書き出すことが多いです。

理由は、

  • マスタリングのために書き出す
  • #2分20秒の音楽 を作成するために

のためであることが多いです。

 

それぞれ用途もありますが、
特にこだわりがなければ「iTunesへ送る」の方が設定も細かくなく使いやすいです。

WAV形式への変換もしやすいですし!

 

GarageBandから出力したら音が小さい?【ノーマライズ加工 & 音圧を上げるには】

2017.10.12

 

 

4つ星ホテルのベッドめっちゃ気持ちよかった…

 

そんな話。

 

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

「まち」に寄り添う作品をコンセプトに色々続けてみたい人。

twitterなどで作成した曲を随時公開中。

noteではコラムやtwitterで公開した曲をアーカイブしています。
投げ銭して頂くと…嬉しすぎて泣きます…

>>アマゾンほしい物リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です