【気になる機材】DAWでも使用できる次世代アナログシンセ 【IK MULTIMEDIA / UNO Synth】




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

シンセサイザーの勉強をするのには、やはりハードシンセを1台は持っておきたいですね。

僕はKORGのminilogueを購入しています。

 

ただ、この人はDAWに直接繋げないのですが、

DAWでも使える面白ロマンなアナログシンセサイザーを見つけました。

 


DAWでも使用できる次世代アナログシンセ

 

これがアナログ回路とは思えない。

【IK MULTIMEDIA / UNO Synth】

 

ごっつい筐体に木の装飾があって初めてアナログシンセ!というイメージがありましたが、

かなりスマートで時代の進歩を感じます。

 

設計や製造まで完全イタリア製のモノフォニックシンセサイザーらしいです。

 

動画をみた限りですが、

マイクロコルグのように「スイッチを切り替えないとオシレーターにアクセスできない」という事はなく、

かなり視覚的にも見やすい印象を受けます。

 

個人的には鍵盤をなぞって演奏する事ができるので、

グリッサンドがかなり簡単にできそうです。

 

鍵盤数は27鍵で、電源は単三電池×4本だけで稼働ができるので持ち運びにも容易です。

DAWとも接続ができるので、logic proはもちろん、iOSのGarageBandにも使用ができるそうですね。

 


【IK MULTIMEDIA / UNO Synth】
・完全アナログ・オーディオ回路による2つのVCO、ノイズ・ジェネレーター、レゾナンス・マルチモードVCFとVCA。
・鋸波、三角波、パルス波(矩形波でパルス・ウィズ・モジュレーション可能)間を連続的に可変でき、ホワイト・ノイズ・ジェネレータも搭載された、2つの独立したVCO。
・ピッチやフィルター、アンプを変調可能な、サイン波、三角波、矩形波、上昇鋸波、下降鋸波、ランダム、サンプル & ホールドによるLFO。
・アタック & ディケイ(フィルター)およびアタック & リリース(アンプ)を設定可能なエンベロープ・ジェネレーター。(ADSRのフルコントロールはMIDI CCまたはソフトウェア・エディターから可能)
・リアルタイム & ステップ・エディット可能、20種のパラメーターをオートメーション可能な16ステップ・シーケンサー。
・自動でチューニングを行うオート・キャリブレーション。
・USB MIDIおよびケーブル付属の2.5 mmジャックMIDI IN/OUT。
・Mac/PC用エディター/ライブラリー管理ソフトウェア。
・単3乾電池4本またはUSBバス・パワー(モバイル・バッテリーなどを含む)で動作。

 

 


まとめ

 

ソフトシンセで音を作りこむのも良いですが、ハードシンセでつまみをいじくりまわしながら音作りするのもなかなか粋です。

個人的にはやはり最新機材の嗅覚を持っておきたいですね。

 

早起きしてやる事を全て午前中にやってしまったので、かなりゆったりとした過ごせました、、、

 

 

そんな話。

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

「まち」に寄り添う作品をコンセプトに色々続けてみたい人。

twitterなどで作成した曲を随時公開中。

noteではコラムやtwitterで公開した曲をアーカイブしています。
投げ銭して頂くと…嬉しすぎて泣きます…

>>アマゾンほしい物リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です