オーディオインターフェース「SONIC PORT VX」結構良いんじゃない?【レビュー】




どうも、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

「LINE6 の SONIC PORT VX」コスパとか云々で結構使えるなと感じているので、そのレビューなんかをしようと思います。

 


SONIC PORT VX

 

この「SONIC PORT VX」ですが、

オーディオインターフェースなので、GarageBandやLogicProなどで録音する際に必要なものになります。

  • ギター
  • ベース

の録音に関しては当然できますが、最大の特徴としてコンデンサーマイクが付いています。

 

「マイクなんておまけ程度のものでしょう?」

と思うかも知れませんが、侮るなかれ!と僕は言いたい!

 

Sonic Port VXはプロ仕様のコンデンサーマイク3基を内蔵しています。マッチトステレオ・マイクにより、ライブ・パフォーマンスを優れた明瞭度でレコーディング。フロントのモノ・マイクは、作曲セッションのエネルギーをそのままキャプチャーするのに最適です。楽屋でギターを、リハーサル室でドラムを、リビングでボーカルをトラッキングすれば、あらゆるデモがファイナル・テイク同等のクオリティを実現。Sonic Port VXがあればインスピレーションの赴くまま、どんな場所でもキャプチャーできます。

※公式サイトより

 

引用文にもありますが、コンデンサーマイクが3基ありまして

スイッチを一番右側にすると、正面のマイクの「モノ・コンデンサーマイク」

所謂ボーカルマイクになります。

真ん中にすると「ステレオ・コンデンサーマイク」です。

環境音などを録音する時とか良いかも知れません。

 

端子は

  • USB : PCなどに接続用
  • ライトニング端子 : iPhoneやiPad接続用

などがあります。

 

PCに接続している時はレイテンシー、つまりは遅延はほぼ感じられませんが、

iOSデバイスに接続した時は、接続する度に「遅延する時としないとき」があります。

ここが少し気になるところですが、普段PCでDAWソフトに繋ぐ場合は心配はいらないと思います。

 


まとめ

 

オーディオインターフェース持っていなくて、何を買おうか迷っている方はLINE6のSONIC PORT VXを買ってみてはどうでしょう。

他の方のブログでもこのSONIC PORT VXを紹介されている方もいましたが、

僕も半信半疑で購入をしてみました。

 

「マイクを買わなくても良いかも?」と思って購入してみましたが、かなり使えるものだったので満足しています。

  • 性能 :★★★★☆
  • マイク:★★★★☆
  • コスパ:★★★★★

 

 

 

そんな話。

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

「まち」に寄り添う作品をコンセプトに色々続けてみたい人。

twitterなどで作成した曲を随時公開中。

noteではコラムやtwitterで公開した曲をアーカイブしています。
投げ銭して頂くと…嬉しすぎて泣きます…

>>アマゾンほしい物リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です