オーディオインターフェース「SONIC PORT VX」結構良いんじゃない?




新曲制作中ですが、少し煮詰まってきているozです。

自然と意図せず転調してしまったりとなかなかですが、

「これが一番ええんやで」とギターが言ってる気がするのでこれで作っていきます。

 

さて、タイトルの話ですが、

「LINE6 の SONIC PORT VX」コスパとか云々で結構使えるなと感じているので、そのレビューなんかをしようと思います。


 

この「SONIC PORT VX」ですが、

オーディオインターフェースなので、GarageBandやLogicProなどで録音する際に必要なものになります。

  • ギター
  • ベース

の録音に関しては当然できますが、最大の特徴としてコンデンサーマイクが付いています。

 

「マイクなんておまけ程度のものでしょう?」

と思うかも知れませんが、侮るなかれ!と僕は言いたい!

 

Sonic Port VXはプロ仕様のコンデンサーマイク3基を内蔵しています。マッチトステレオ・マイクにより、ライブ・パフォーマンスを優れた明瞭度でレコーディング。フロントのモノ・マイクは、作曲セッションのエネルギーをそのままキャプチャーするのに最適です。楽屋でギターを、リハーサル室でドラムを、リビングでボーカルをトラッキングすれば、あらゆるデモがファイナル・テイク同等のクオリティを実現。Sonic Port VXがあればインスピレーションの赴くまま、どんな場所でもキャプチャーできます。

※公式サイトより


というやつです。

 

引用文にもありますが、コンデンサーマイクが3基ありまして

スイッチを一番右側にすると、正面のマイクの「モノ・コンデンサーマイク」

所謂ボーカルマイクになります。

真ん中にすると「ステレオ・コンデンサーマイク」です。

僕はまだあまり使った事はないですが、環境音などを録音する時とか良いかも知れませんね!

 

端子は

  • USB : PCなどに接続用
  • ライトニング端子 : iPhoneやiPad接続用

などがあります。

 

PCに接続している時はレイテンシー、つまりは遅延はほぼ感じられませんが、

iOSデバイスに接続した時は、接続する度に「遅延する時としないとき」があります。

ここが少し気になるところですが、普段PCでDAWソフトに繋ぐ場合は心配はいらないと思います。


オーディオインターフェースとしての性能は?

 

僕の曲を聞いていただければ、そのマイクの性能解って頂けると思いますので、

ぜひ聞いてみてきださいな!


新曲ができたら、「これSONIC PORT VXで録ったのかー」と思っていただければ、、、!

 

ギターなどに関しては、

参考までに僕が作成しているジングルを



と、こんな形です。

オーディオインターフェースの性能としては申し分ないかなと思います。

 

オーディオストックは今月の7月くらいに登録始めたので、まだまだ未熟で反応はあまりないですが、

こっちももう少し続けてみて解った事などを記事にしてみたいと思いますね!

 

[使用機材]

ギター:momose ストラト

シールド:CAJ

DAW:LogicProX

 


まとめ

 

オーディオインターフェース持っていなくて、何を買おうか迷っている方はLINE6のSONIC PORT VXを買ってみてはどうでしょう。

他の方のブログでもこのSONIC PORT VXを紹介されている方もいましたが、

僕も半信半疑で購入をしてみました。

 

「マイクを買わなくても良いかも?」と思って購入してみましたが、かなり使えるものだったので満足しています。
性能 :★★★★☆

マイク:★★★★☆

コスパ:★★★★★

 

 

それでは!

 

 

合言葉は「一人でできるもん!」

 

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です