【ロマン3選】Thunderbolt接続のオーディオインターフェースが気になる話




こんにちは、空気が乾燥していますので咳が出ます。

空咳なのでどんでもなく辛いです、、、

隣町本舗(@tonarimachi_oz)です

 

僕はもっぱらMacOSユーザーなので、

  • DAWはlogicproX

を使っています。

あと、オーディオインターフェースはLINE6 sonicportVXを使っていまして、

PCとの接続はUSB3.0です。

 

しかし、Mac端末独自の接続方法がありませんか?

そう!Thunderbolt接続です。

Thunderbolt接続のオーディオインターフェースがあると知って、「これはロマンだ!」と、、、

そんな話です。

 


ZOOM TEC-2

 

コストパフォーマンス的には一番良いです。

僕が今使ってるLINE6 sonic portVXと同じくらいの金額帯です。

 

ZOOMといえば元ギター弾きの僕的にはマルチエフェクターかレコーダーというイメージがあります。

Thunderboltのオーディオインターフェースも作っているんですね。

■仕様
入力
INPUT1/2:XLR/TRSフォーン・コンボジャック、ファンタム電源: +48V
INSTRUMENT(INPUT1):標準フォーン・ジャック (INPUT1と排他的)
出力
OUTPUT L/R:TRSフォーン・ジャック (バランス)
PHONES:標準ステレオフォーン・ジャック

オーディオ録音再生チャンネル数:録音: 2 チャンネル、再生: 2 チャンネル
サンプリング周波数 192kHz、176.4kHz、96kHz、88.2kHz、48kHz、44.1kHz 、ビット長 24bit
インターフェース Thunderbolt
電源 Thunderbolt BUSパワー
消費電力 最大10W
外形寸法 129.5 (D) x 120.0 (W) x 51.3 (H) mm
重量 420g
付属品 オペレーションマニュアル、Thunderboltケーブル

 

調べてみるとTAC-2Rなるものもあるそうですね。

 


FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Clarett 2Pre

 

僕が一番気になっているやつです。

実際に使っている人も知ってますが、レビューなどをみる限り気持ち音が良くなるそうです。

出力する音の質を上げる」のではなく「受け取り側の音質を上げる」のが大事だそうです。

■動作環境・仕様

・対応OS
Mac OS:Mac OS X 10.9以降(Sierra対応)
Windows:8.1/10/10AU
※最新のOS対応状況は 「対応OSチェッカー」 よりご確認ください。

・サポートされているサンプルレート
44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz、176.4kHz、192kHz

マイク入力:2、XLR端子
ライン入力:2、TRSフォン端子(コンボ端子、マイク入力と兼用
インストゥルメント入力:TSフォン端子(マイク/ラインと兼用)
ライン出力:4、TRSフォン
ヘッドホン出力:1

 

4チャンネルのものもあるそうです。

僕はそこまでは必要ないですが、、、

 


UNIVERSAL AUDIO  / APOLLO TWIN MKII SOLO

 

ただのオーディオインターフェースではなさそうです。

アナログ回路でどの音量レベルでも常に最大解像度の音量に調整してくれたり、

エンジニアとプレイヤーとの間のコミュニケーションに便利なトーンバックマイクを内蔵していたり、と、

プロ仕様のオーディオインターフェースみたいですね。

■オーディオインターフェイス・DSP(SHARCプロセッサー)1基搭載

APOLLOTWIN MKIIは、業務用ライナップのAPOLLOラックシリーズ(NEXT GEN. APOLLO =ブラックフェイスモデル)と同等の高品質なAD/DAコンバーターを搭載。2つのマイク/ラインプリアンプ、2つのラインアウト、いかなる音量レベルでも常に最大の解像度を実現する2つのデジタルコントロールアナログモニターアウト、Hi-Zインストルメントインプットとヘッドフォンアウト、さらに最大8チャンネルのデジタルインプット(オプティカル接続)といった豊富な入出力を装備。内蔵されたDSPによって、普段お使いのProTools、Cubase、Logic、Ableton Liveなどのアプリケーションで、UADプラグインをトラッキング(レコーディング)時にリアルタイムでかけたり、ミキシング/マスタリング時に使用することが可能。またトークバックマイクも装備しています。

 

サウンドハウス

まとめ

 

今のオーディオインターフェースも悪くはないんですが、

マイクなどもファントム電源のものを使ってみたかったり少し環境を変えてみたいなという気持ちがあります。

オーディオインターフェース「SONIC PORT VX」結構良いんじゃない?

2017.09.10

 

ただ、2018年の年初めはプライベートが少し忙しくなる予定がありますので、

音楽制作にどれだけのパワーを注げるか気になります。

 

しかし、ロマンはいつまでの追い求めたいですね、、、!

 

それでは!

合言葉は「一人でできるもん!」










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です