住みたい街に住むと、モチベーションが買えました




どうも、隣町本舗(@tonariamchi_oz)です。

 

 

よく「クリエイターは田舎に住むべき?都会に住みべき?」みたいな話がありますが、

住みたい街に引っ越してすぐですが、僕が感じている事を書こうかなと。

 


モチベーションが圧倒的に違う

 

住みたかった街 & 最高の部屋(6畳だけど…)に住む事で、

僕の大きな作業ストレスの原因を潰すことができました。

 

ちなみにその時の作業ストレスは、

  • 毎日往復するには遠い、出かけるにも遠い場所
  • 部屋に自分には必要のない設備があり、この分も家賃払ってるのかーというストレス

でした。

 

結果として、

今の家はこの二つのストレスは完全に解消しました。

(場所が良いところなので、家賃は高くなってしまいましたが、、、)

 

しかし、引っ越したことで感じたことが一つありまして、

モチベーションが買えてしまいました。

 

その事に僕は初めて気付きました。

作業ストレスが全て消えたので、引っ越してからほぼ毎日ブログ書けてます。

 

また、これは少し違う話になるかもしれませんが、

日々往復する区間があるのであれば、その時間も間違いなく買えます。

 

例えば、

通勤や通学に毎日1時間かけていたけど、

引っ越すと家賃が1万円上がったけど、その移動時間は30分になった!

となると、

  • 往復で毎日1時間
  • 1ヶ月でおよそ30時間(約1日)

の時間を月1万円で買えてしまうという事です。

 

「あと1日あれば作品が完成するのに…」

という悩みがあるなら、家賃上げて引っ越すべしだと私は言いたい!

 

なので、

「どこに住めばいいのかなー」と考えているのなら、

住みたい場所に住みましょう!

 

もちろん、

現実的に無理しない程度の家賃の場所にね!

でも、

無理しない程度に無理すればモチベーションが買えるよ!!

 


まとめ

 

なんだかキャッチーで狙った風の記事になりましたが、

引っ越してから毎日ブログ書いているくらいにはモチベーションが上がってます。

 

行きつけのコーヒーも通販ができることが解ったので、これからの作業のお供にします。

あのアイスコーヒーが家で、、、!

 

真空タンブラーのおかげでお酒もコーヒーもずっと冷たいまま飲めるのがとてもよい、、

 

 

そんな話。

 

 

それでは!














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

「まち」に寄り添う作品をコンセプトに色々続けてみたい人。

twitterなどで作成した曲を随時公開中。

noteではコラムやtwitterで公開した曲をアーカイブしています。
投げ銭して頂くと…嬉しすぎて泣きます…

>>アマゾンほしい物リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です