短期的な成果、質はあまり気にしないのが「成果をあげるコツ」の話




こんにちは、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

PCなどの端末画面をずっと見ていて、目がとんでも無く疲れるのでホッとアイマスクを買ったのですが、

これめちゃくちゃ良いです、、、

 

最近、DTMer界隈やクリエイターのすごい方たちが、

自分のスタンスや考えアプローチ方法をツイートされていました。

僕自身、最近少し考え方やアプローチ方法を模索しながらの活動なので、少し取り上げてみようなかなと思います。

 


すごい人たちのお言葉

 

虎の威を狩る狐感がありますが、僕が参考にしているクリエイターさんがツイートされてた内容を抜粋してみます。

影山さんこおろぎさんは常日頃から参考にさせて頂いております、、、

お二人は共通して「目先の数字を気にするべからず」と行ったニュアンスの内容を言われていますね。

 

→これはフリーランスで活躍されている方には特に当てはまる内容なのではないでしょうか。

金額」ではなく「成果」を積み上げる事を意識すると良さそうです。

 

→これは第一線で活躍されているクリエイターやアーティストがよく言われている事ですね。

質より量で勝負

目につく回数が増えるということはそれだけ商談のテーブルにあげられやすくなりますしね。

 


まとめ

 

僕もいろんな所で登録している配信、もしくは登録している音源が約100曲程度になっています。

所々で成果が出たり出なかったりしています。

「金額と成果は似て非なるもの」

 

ちなみにオーディオストックは2018年3月現在で50曲になりました。

 

少し前までは金額をすごい気にしていたのですが、

短期的な金額ではなく、長期的な目標に向かって活動しようとしてからすごい気持ちが楽になったような気がします。

 

 

何に使われているのかが解ると少しモチベーションも上がりますね、、、!

 

 

そんな話。

 

それでは!

合言葉は「一人でできるもん!」














tonarimachi-honpo

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

誰かの役に立てばと思いながら、
継続することを密かな目標にしています。

>>アマゾンほしい物リスト


お寿司を送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です