GarageBandで生ドラムっぽい打ち込みのヒントは[Drummer]?




ハードシンセを買ったぞ!

 

隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

曲の軸となるドラムを打ち込む時ですが、

なかなか表情のついたフレーズを作るのは難しくないですか?

 

バンドを経験している、特にドラムを経験した人には音の強弱微妙なニュアンスがドラムフレーズに表情をつけるということがイメージつくと思います。

 

しかし、

  • その音の強弱のつけ方が解らない
  • そもそも、全然何言ってるか解らないんですが

という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 


打ち込み上達のヒントは「Drummer」

 

まずはこの音源を聴き比べてみてください。

  • ドラムフレーズA

 

  • ドラムフレーズB

 

これはどちらも全く同じフレーズを打ち込んだものですが、

若干Aの方が人間味があるフレーズではないです?

また、波形を見ても何となく違いがわかるでしょうか?

 

これの違いの原因を紐解くために実際の打ち込みノートを見てみましょう。

こっちがAのパターン

 

こっちがBのパターン

 

GarageBandだとベロシティの設定が目視しにくいのでLogicProのリュージョンで確認しますが、

「Aのパターン」と「Bのパターン」でベロシティの設定が違うのが解るでしょうか?

 

Bのパターンは全てのノートが同じベロシティ、つまりは同じ強さで演奏されているのに対し、

Aのパターンはそれぞれのノートで音の強弱が付いています。

 

当然、本物の人間がドラムを叩く際にも全ての音が全く同じ強さになるのはありえないですよね。

この若干の差が生ドラム感を演出する方法です。

 

「なるほど、解りそうで解らん」

という声が聞こえてきそうです、、、

 

確かに、

この音の強弱のつけ方を参考にする際に、打ち込みの上手い人のMIDIファイルをもらって勉強することができればいいですが、

なかなかそんなことができる人はいないでしょう。

 

いや、「打ち込みの上手い人、近くにいますよ」

せっかくAppleに雇われている優秀な[Drummer]がいますので、Drummerの打ち込みリュージョンを参考にしてみましょう!

 


Drummerの打ち込みノートを確認するには?

 

とは言っても、

Drummerのフレーズを確認しようとしてもよく解らないうねうねになっているかと思います。

黄色い うねうね

 

これをノート形式にするには、

まずドラムのトラックを追加します。

 

次に、Drummerのリュージョンをドラッグスクロールで追加したドラムトラックに移動させます。

 

この状態で追加したドラムトラックのノートを確認すると、ベロシティやノートが打ち込まれたものに早変わりしています。

あとはじっくり研究してみましょう!

 

ただ、一つだけ注意点ですが、一度ドラムトラックに落としたリュージョンは元に戻りません。

 


まとめ

 

ギターやベースを自分で弾くにしても、ドラムの強弱一つで曲の雰囲気はガラッと変わります。

この音の強弱や、絶妙なフレーズなどをDrummerに教わりながら練習してみるのはいかがでしょうか?

 

あと、youtubeでGarageBand講座を始めようかと動画を試しに作ってみました。

今後時間を見つけて作っていきますので、ぜひそっちも確認してみてくださいな!

 

動画編集技術の向上にもなりそうですね、、、

 

それでは!

合言葉は「一人でできるもん!」














[ tonarimachi-honpo ]

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

「まち」に寄り添う作品をコンセプトに色々続けてみたい人。

twitterなどで作成した曲を随時公開中。

noteではコラムやtwitterで公開した曲をアーカイブしています。
投げ銭して頂くと…嬉しすぎて泣きます…

>>アマゾンほしい物リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です