iOSのGarageBandデータをMacOSへ【互換性抜群】




こんにちは、隣町本舗(@tonarimachi_oz)です。

 

他のDAWソフトに出来なくて、GarageBandにできる素晴らしい特徴、

それはスマホ端末で作ったDTMデータを、PCへ移行させることができる!です!

 

つまりは、

  1. iOS端末でGarageBandファイル吐き出し、
  2. iTunesなどでMacOS端末でデータを受け取る、
  3. MacOS版のGarageBandで起動

ということができるわけです。

 

さらに、[GarageBand]の兄貴分になる[LogicPro X]でも起動することができるので、

かなりの互換性があります。

 

CDを作りたい!なんて時にも必ずMacOSへデータの移行をしないといけないで、

覚えておいて損はないでしょう!

 


iOS端末でファイルの吐き出し

 

まずはiOS端末で操作をします。

 

ファイルの吐き出し方法は、

GarageBandの曲選択の画面で、吐き出したい音楽データを長くタップします。

「ぷるぷる僕悪いデータじゃないよ」と震えますので、左上の赤枠をタップします。

※GarageBandファイルを出力するのは1データ毎しか出来ませんので注意してください。

ぷるぷる

 

選択ファイルをどうしたいのか聞かれますので、「iTunes」を選択します。

 

「iTunesに送信」の画面になりますので、右の「GarageBand」を選択して出力をします。

 

これでファイル吐き出しが完了です。

この内容は「iTunesでファイルの受け渡しをする」場合ですが、「iCloudでデータの受け渡し」をすることも可能です。

 


PCでデータの受け取り

 

ここからはMacOSの端末での操作になります。

 

次はさっき吐き出したデータをPC側で受け取る方法です。

iPhoneとMac端末を接続して、iTunesを起動します。

赤丸の所でiPhoneとの連携ができます。

iPhoneに音楽入れる時と同じ所です

 

左上から2番目の「APP」をクリックすると、

接続しているiPhoneの画面が表示されると思いますが、僕の画面は自主規制ということで、、、

(変なアプリは入れてないと、、、思う笑)

そして、下にスクロールします。

 

「GarageBand」のアプリがあると思いますので、クリックします。

 

そしたらば、

右側にiPhoneから音楽データを吐き出したものが一覧で表示されますので、

PCに取り込みたいファイルを選択し、「保存先」から任意の場所に保存します。

 

これでiOSで作成したGarageBandデータをPCに取り込むことができます!

 


まとめ

 

互換性があるというのは、言い換えれば

「出先でパッと思いついたことをiOSで録音し、家に帰ってMacOSでしっかり作り込む」

なんてこともできるわけです。

 

あと、他の記事でも書いたと思いますがiOS版のGarageBandでできないことがどうしてもあります。

例えば、

  • CDを焼きたい!
  • MP3やWAVデータでyoutubeなどに挙げたい!

などの場合にはこの作業が必須になりますので、覚えておいてもよいのではないでしょうか?

【2017年最新版】iTunesの音源を[WAV]や[MP3]形式に変換したい

2017.09.06

 

 

まずは自分の音楽を形にして、

みんなに聞いてもらえるきっかけを作れれば、なおやりがいもあるのではないのでしょうか!

 

僕もさっさと曲を作ってMVも作らないと、、、

 

それでは!

 

合言葉は「一人でできるもん!」














tonarimachi-honpo

「隣町本舗」という名義で音楽制作や写真、ブログを書く人。

誰かの役に立てばと思いながら、
継続することを密かな目標にしています。

>>アマゾンほしい物リスト


お寿司を送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です