レコード風の良さげなCD-Rを見つけた話




こんにちは、隣町本舗のoz(@tonarimachi_oz)です。

 

皆さんはCDを購入しますでしょうか?

今の時代は音楽もデジタルデータが主流になっていますので、車とかで運転中に音楽をかけるときも基本はiPhoneとかをBluetooth接続で流したりすると思います。

それでも好きなアーティストは絶対CDがいい!という方もおそらくいるでしょう。

 

アマチュアのバンドマンなどはパパッとCD作成するときに業者さんにプレスをお願いしたりすると思います。

ただ、なかなかCDのデザインに迷ったりしますし、数を作らないと高くなってしまうし、在庫はあまり持ちたくないという方もいると思います。

 

そんな時に良さそうな必要な分だけ印刷して販売ができそうなCD-Rを見つけましたので報告です。


レコード風のCD-R [Phono-R]

 

僕は実際に業者さんにCDプレスをお願いしたことがないので具体的な数字はなんとも言えませんが、

レコード風に凹凸をつけたデザインをお願いしようとするとかなりの金額になる、、、と思います。

(僕も真っ青なCDに文字が浮かび上がるCDを作ろうとしましたが、凹凸加工している業者さんを見つけれませんでした、、)

 

そんな中真ん中がインクジェットで印刷できるレコード風の凹凸があるCD-Rを見つけました。

昔はこういったレコード風のCD-Rはいくつかあったそうですが、時代の変化でCD-Rが使われなくなったせいかだんだん消滅していったみたいです。

今ではこの「三菱ケミカルメディア」さん以外のところではほぼ作っていないみたいですね。

 

 

レーベルプリンターができるプリンターであれば家庭用のもので印刷できます。

がっつり枚数を刷る場合は100枚セットもあるらしいです。

 

真ん中がインクジェット印刷に対応してないものであれば、もう少し安くなりますね。

こっちは人に音源を渡す時などにいいかもしれませんね。

[10枚のやつ] [20枚のやつ]

 

ちなみに僕もこれを使用してCDを作成しましたが、こんな感じになります。

印刷デザインはプリンタードライバーに入ってるやつでなんとかなります!

デザインでこだわってCDを作るもの良いですが、文字だけでも結構良さげな雰囲気になっていませんか?

(ちなみに僕のCDは少しだけ在庫残っています、、、笑)

 


まとめ

 

業者さんにCDプレスをお願いして本格的なものを作成するものいいですが、

ちょっとした音源とかライブハウスでの手渡し用の音源などあればこういうものを使ってみてはいかがでしょうか?

 

なかなか雰囲気があるので自分の曲をCR-Rに入れて販売してみてもそれっぽくなると思います。

CD-Rなので繰り返し使えません、それだけ注意を、、、!

 

 

あと、最近はカセットテープが巷で流行ったりしているみたいですね。

そう言えば、[Elbow]というカセットテープが再生できる面白そうなガジェットも開発中ということで楽しみにしていましたが、公式HPが消えてるんですよね、、、話が流れたんでしょうか?

結構気になってたのに、、、

 

 

それでは!

 

合言葉は「一人でできるもん!」










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です