Audiostockの審査基準って?




こんにちは隣町本舗のoz(@tonarimachi_oz)です。

 

タイトルにもありますが、Audiostockの審査基準についてです。

 

僕自身「一人でどこまでできるのか」「僕の音楽は商業向きなのか、アーティスト向きなのか」を確かめたくもあり挑戦したくて始めたものですが、Audiostockでの商業用音源販売を少しづつ行ってきております。

 

登録した当初こそはかなり苦労しました。

というのも音源の審査でバンバン弾かれていましたし、審査にもかなり時間がありました。

ようやく審査結果が出たのに審査落ち、、、

となると、モチベーションも下がりますよね。

 

 


Audiostockって?

 

日本最大級の投稿型著作権フリーBGM・効果音音楽素材「オーディオストック」

 

Audiostockの販売方法について知らない方に少しご説明すると、

Audiostockは登録した音源がすぐに販売ができるものではなく、

登録した音源が審査に合格する必要があります。

 

運営側としては「よい品質の音源を提供する」という意味合いであると思われます。

 

ちなみに僕が登録をしている音源は下記から確認できます

↓↓↓
オーディオストックでBGM・効果音を販売中!

 

僕自身、登録した音源の中には「曲が急に切れる」とか「不自然なループ音源です」とか審査結果が返ってきて、色々検証しながら作業をしておりました。

 

しかし最近は、

あれ?最近審査が厳しくなったかも?と感じています。

 

Audiostock側からすれば、クリエイター数も増え、販売している音源の母数も増えてきたので、当然「質のいい素材を提供したい」という意味で審査方法を見直したのかもしれません。

以前であれば、審査落ちした音源で「○○を修正して再度ご登録お願い致します」

とメールが来るので、その部分を修正すればほぼ審査に通っていた印象です。

 

しかし最近は、

Audiostock「○○を修正して再度ご登録おねがいします」

僕「なるほど、確かにここに微かにノイズのってるな、、、よし!修正した!」

と、ご指摘個所を修正し、再度登録をしても、

後日の審査結果で

「品質が基準を満たしていないためオーディオストックでの掲載を見送らせていただきます。」

と、返ってくることが多くなりました。

 

個人的な検証でこの審査結果が返ってきたときは、その音源を作り変えて再度登録する以外はほぼ審査には通らない気がするので、かなりショックです、、、

ただ、ご指摘個所以外修正していないので品質は下がっていないように思うのですが、審査をする人間が変わってきてるんですかね、、、

 

こればかりは、文句を言う前にもっと品質を上げて一発合格音源をぽんぽん作成できるように頑張るしかないのですが、

なんとも府に落ちなかったり、、、、

※2017/12/24追記

「audiostockの審査が全然通らん、、、つらい、、、」という方は、

こちらの記事も参考になるかなと思います。

Audiostockの審査が通らない時に見直したい事の話

2017.12.23

 

 

 

※2017/10/20追記

最近は審査に落ちることがなくほぼ100%の確率で音源登録ができるようになりました。

一番の理由は「バンバン審査落ちをして、ダメなところを理解したため技術が上がった」んだと思います。

DTMの腕前あげる最短方法はAudiostockだと思う

2017.10.02

やはり、音源登録を安定して行えるようになるには数をこなすというのが最適解かもしれません。

また、「挑戦的な編集をした音源」というのもオーディオストックは嫌います。

例えば、

  • 極端なパンニング処理
  • ギターを何十本も重ねてディレイをかけたシューゲーザー風

などが該当します。

ですので、数をこなすといっても「ニーズにあった音源の数をこなす」というのが正しいと思います。

オーディオストックのニーズは常に変わりますので、季節ものなどやおすすめ一覧に表示されているクリエイターさんの音源をチェックして、どういうものが好まれているのかを確認してみるのもいいかもしれません。

 

僕は登録が安定して行えるようになりましたが、登録した音源が目につかなければ商流に乗れませんので、今後はニーズなどを把握し動くストック音源を量産したい。

 

 

 

それでは!

 

合言葉は「一人でできるもん!」










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です