【3万円以内】おすすめのオーディオインターフェース(iOS編)




こんにちは新しく購入したベースで6/8拍子のスラップの録音に苦戦して腱鞘炎になりそうなoz(@tonarimachi_oz)です。

 

MacOS PCやiOSのiPhoneでギターなどを録音して曲を作成するために必ず必要なもの、

それがタイトルにもある「オーディオインターフェース」です。

僕のGarageBand講座の中にもちょくちょく出て来ていましたが、今回はおすすめのオーディオインターフェースをご紹介できればともいます。

 

今回の選定条件としては、

  • 小型で持ち運びができる
  • iOS端末と接続ができる
  • 金額は3万円以内もの

を紹介しようと思います。

 

家でアンプが鳴らせる環境を持っている方は中々いないでしょう、、、

家での練習用としてオーディオインターフェースを購入してヘッドホンから爆音で気持ちよく練習をするなんてのも良いですね。

 

爆音すぎて耳を壊さないようにだけ、、、笑

 


そもそもオーディオインターフェースってなんやねん!

 

オーディオインターフェースとは、

PCやスマホにギターやベースなどの楽器を接続するための機械です。

弦楽器から発生する電気信号をMacOSやiOS端末へ送るために必要不可欠なものです。

これがないと何も始まりませんし、何も終わりません!

 

また、金額に関してもかなりピンキリになりますが、

基本的には3万円程度出せれば割としっかりしたものが手に入れられると思います。

「そんなに出せない、、、」という人も心配せずとも1万円以内のお手軽なものもあります!

最終的には自分のお財布と相談するもよし、

「ちゃんとしたものを買ってしまって逃げ道を無くす」というもの良いかもしれません。笑

僕は割と後者的なタイプなので、、、

初期投資として割り切ってしまっても良いかもしれません。笑

 


マイク付きの高機能な[SONIC PORT VX]

 

まずはLINE6というメーカーのSONIC PORT VXです。

LINE6といえばDL4のエフェクターが有名かなと思います。多数のバンドマンに愛されているディレイモデラーですね。

バーブジラという個人的に超名器のリバーブエフェクターがあった印象です。未だに欲しい、、、

 

話を戻しまして、

このオーディオインターフェースの第一の特徴としては、マイクが付属しているという点です。

しかも、このマイクもおまけ程度のものではなく、割と問題なくボーカル録りができるものになります。

そして、僕も使用しているものになります。

 

また、ノイズも他に紹介するものよりかなり少なくストレスなく演奏ができるかなと思います。

付属品として、スタンドが付いております。

もちろんスタンドを外して使用することもできますし、マイクスタンドに取り付けてボーカル録音をすることも可能です。

 

 

接続端子

  • USB端子(PC接続用)
  • Lightning端子(iPhone接続用)

が用意されていますので、PCでもiOS端末でも問題なく使用できます。

デメリットとしては、たまにですが遅延が発生することがあります。
ただ、これはもう一度接続し直せば直るものなので大丈夫だと思います。
価格は決して安いというものではありませんが、長く第一線で活躍ができるものになると思います。
もし、今回の3万円以内というものの中であれば今回紹介する機材の中で
僕が一番おすすめしたいオーディオインターフェースです。
  • おすすめ★★★★★
  • 価格  ★★★☆☆
  • ノイズ ★★★★★
  • 音質  ★★★★★
※マイクが無いものもあります。
 こっちは「VX」の表記が無い「SONIC PORT」です。

お値段も安くなりますので、マイク要らない方はこちらでも良いかもしれませんね。


 一番リーズナブルで使い易い[iRig]シリーズ

 

おそらくオーディオインターフェースを調べていて気になった方もいるかと思います。

IK Multimediaというメーカーの iRigです。

特徴は何と言っても解りやすい商品名です。

「「i〇〇」何だからこれはiOSでも使えるんだな!」と!笑

 

またクリーンでの録音であればあまり気にならないかもしれませんが、

少し歪ませるとノイズがかなり気になってしまうものになります。

本格的に使用するにはあまり向かないかもしれませんが、ちょっとGarageBand使ってみたいなーって方にはおすすめできるものです。

 

注意点としては、iRigとiRig2は端子がAUX端子のみです。

なので、イヤホンジャックがあるiPhoneしか使用できませんので注意してください。

 

接続端子

  • AUX端子のみ(※要イヤホンジャック)

 

  • おすすめ ★★★★☆
  • 価格   ★★★★★
  • ノイズ  ★★☆☆☆
  • 音質   ★★★☆☆

 

 

また、iRigの上位機種の[iRig PRO]というものもあります。

こちらはノイズもかなり抑えられ、端子もAUX端子ではなくLightning端子になるので、

イヤホンジャックの無いiPhoneでも問題なく使用できるものになります。

 

その分通常のiRigよりは割高になっています。

 

  • おすすめ ★★★☆☆
  • 価格   ★★★☆☆
  • ノイズ  ★★★★☆
  • 音質   ★★★★☆

 


プロ御用達メーカーの入門編

 

プロ御用達のAPOGEEというメーカーのオーディオインターフェースがiOS用であります。

「プロ御用達」とは銘打っていますが、プロが使用するのはもっと上のグレードのもので、かつ大型のものになります、、、

ただ、iOS用として作られているものですので、かなりコンパクトで音質もそれなりにしっかりしたものになります。

 

製品としては、iRig PROと遜色ないものになってくると思います。

機能としても差し込んですぐに使えるものなのでとてもシンプルで解りやすいですね!

 

接続端子

  • Lightning端子

 

 

  • おすすめ ★★★☆☆
  • 価格   ★★★★☆
  • ノイズ  ★★★★☆
  • 音質   ★★★★★

同メーカーのもので[APOGEE ONE]というものがあるのですが、そちらの方が断然音質が良いものになありますが、

3万円という金額内には収まりません、、、

↓こちらの方がグレードは良いですが、価格帯が今回の予算帯に大幅に漏れてしまいます。

まとめ

 

3万円以内でiOS端末で使えるコンパクトなものという中でのおすすめをあげてみました。

オーディオインターフェースは手元にあるだけでかなり作曲意欲が湧いてくるものですし、

かつ必要不可決なものになります。

サウンドハウス

 

このブログはあくまで個人的な評価なので、

このブログとともに実際のレビューなどもみてみると、もっとたくさんの評価や情報が見れると思います。

その上で初期投資という意味で奮発してみてもいいですし、お試しで色々試してみるもの良いでしょう。

 

ただ、どれももれなく夜遅くまで楽器に触れてしまう事ができるものになっているので、睡眠はしっかりとりましょう笑

 

それでは!

 

合言葉は「一人できるもん!」

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です