<ボーカル編①> iOS版GarageBandでボーカルを録音したい!…なるべく安価でね!




こんにちは、隣町本舗のoz(@tonarimachi_oz)です。

 

前回までの記事で

  • ドラム
  • ギター
  • ベース

の録音と簡単な編集ができているかなと思います!

<ドラム編②> GarageBandのドラムを打ち込む方法って? Drummerって何?(基本操作1)

2017.07.30

<ギター編①> iPhoneのGarageBandでギターを録音したい!

2017.08.03

<ベース編> iOS版GarageBandの[Smart Bass]でベースを打ち込みてぇ!

2017.08.13

 


「ボーカルマイクは何を使えば、、、」

 

早速ボーカルを録音してしましょう!

「スタジオみたいなマイク要るんじゃない?」

「オーディオインターフェース買ったからお金がナッシング、、、」

と困る方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

もちろん新しくオーディオインターフェースコンデンサマイクを購入して本格的に録音するのも良いですが、

大富豪でもなければ、なかなか大きな声を出して録音ができる場所もないでしょう。

 

そんな方にオススメしたいのが、

iPhoneを購入した際に付属するイヤホンマイクです!

どうです?最強に安価ではないですか?笑

下手すればもう持ってますからね!

通話用だけあって小さい音量でもちゃんと拾ってくれます!

 

もちろんちゃんとボーカルマイクを購入した方が音は良いですが、、

「安価で」「小さい音量で」という意味では一番扱いやすいです。

 

 

「オーディオインターフェースは何を使えば良いか」という記事で紹介した、

LINE6 SONICPORT VX ならマイクがついたオーディオインターフェースなのでコストパフォーマンス的にはかなりオススメです。

サウンドハウス

ちなみに自分はこのsonicportVXを使用しています。

オーディオインターフェース、マイク、ケーブルなどなど…の費用感を考えるとかなり抑えれますし、

それなりにはしますのでapple純正のイヤホンよりは正直綺麗に録れます!

2017/11/13確認

サウンドハウスでアウトレット品が出てますね!

18個までらしいのですね。

 

 

自分の費用感にあったものを使用してみて、足りなかったり、

もっと良いものを使いたいと思った時にランクを上げて見るもの良いと思います。

 

まずは1曲形にしてみてから機材について考えてみるものいいんじゃないでしょうか!

【3万円以内】おすすめのオーディオインターフェース(iOS編)

2017.09.19

 


「ボーカルトラックを追加する」

 

マイクが用意できたというところで、早速ボーカルトラックを追加してみましょう!

例のごとく[+]マークでトラック追加をしましょう。

[+]マークでトラックを追加

[Audio Recorder]でボーカル録音をば!

 

 

ボーカルトラックが追加できましたら、

こんな形の画面になると思いますのでOKボタンを押すと画面が変わります。

こんな画面になるのでOKボタン

 

まずは、モニター確認ができるように設定をしましょう!

自分が録音した楽器を聴きながら+自分の歌う声を聴きながら録音するには必須ですね!

自分の声に聞き慣れないかもしれませんが、そのうち慣れます!笑

 

左上のシールドプラグマークをタップ

「モニタ」にチェックをつければ自分の声が聞けます!

 


「ボーカル録音する前に確認じゃ!」

 

右側の黒い箇所にボタンが9つ並んでいると思います。

 

まずはマイクに向かって話してみて赤枠のメータが振れているのか確認してみてください!

 

純粋なボーカルを録音する場合は青枠のDryで録音できます。

Dry以外はいわゆるボーカルエフェクトがかかった状態になります。

特に左下のリス声に関しては「某紙兎」の声になりますよ!

曲ではほぼ使わないでしょうが、、、笑

赤枠のメーターが振れているか確認しましょう

 

ボーカルの細かい調整は右上のゼンマイマークから行ってください。

エコーやリバーブ、トレブル、ベースの設定ができます。

iOS版のGarageBandでのEQの設定はトレブルベースしかできませんので注意してくださいね!

 

EQの設定がよくわからない方は、僕のオススメの設定をしてみてください。

トレブルを下げて、ベースを持ち上げればバンドに埋もれずにボーカルがしっかり聞こえると思います!

あとはリバーブとコンプをうすーくかけて上げましょう!

ここから自分の声に合うEQ設定を探してみてください!

個人的にオススメEQ設定です。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 


まとめ

 

ボーカル録音もできてくると、いよいよ本格的に曲ができてきてテンションが上がってくるかなと思います!笑

また終盤にさしかかってくると、ギターやドラムの修正がしたくなってくるかと思います。

自分の納得のいく音源を作成できるよう頑張ってみてください!

<基本操作、ドラム編①> iOS版GarageBandの使い方(基本編)

2017.07.25

<ギター編①> iPhoneのGarageBandでギターを録音したい!

2017.08.03

<ベース編> iOS版GarageBandの[Smart Bass]でベースを打ち込みてぇ!

2017.08.13
 

次回は、全体的な応用や編集についての記事を書こうかなと思います!

 

合言葉は「一人でできるもん!」











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です